どこで使える?

カードローンは、希望金額がある程度のラインよりも上になる方にとっては、非常にありがたい存在です。というのも、カードローンの融資に関しては、融資可能金額が100万円以上になることも多いからです。

 

もしこれぐらいの金額を希望するなら、是非ともカードローンの審査に申し込んでみることをおすすめします。では、カードローンを提供している金融機関としては、どのような機関が挙げられるでしょうか。

 

まず、銀行が考えられます。銀行で提供されているカードローンのことを、銀行ローンなどと呼ぶのですが、提供されている金融機関が銀行であることから、そのように呼ばれているのです。

 

銀行ローンの場合は、金融機関にもよりますが、500万円以上の金額を最大融資限度額と定めていることが多いのです。また、銀行にもリアルの銀行とネットの銀行とありますが、いづれの場合も銀行のカードローンを利用できることが大きなポイントであると言って良いでしょう。

 

銀行の他には、銀行系ローンと言われている金融機関も挙げられます。この銀行系ローンは、銀行ではないのですが、銀行の傘下に入っているという点で、このように呼ばれているのです。

 

いわば消費者金融と銀行の間にあるようなものと考えてみれば、わかりやすいでしょう。銀行系ローンが提供しているカードローンは、銀行のカードローンのように、限度額が高額ではないですが、金額がある程度必要という方にとっては、非常に嬉しい存在です。

 

キャッシングを提供している金融機関

カードローンと並んで、比較的利用者が多いのが、キャッシングです。このキャッシングも、ローンの1種なのですが、サービス内容については、カードローンの場合とそこまで違いありません。

 

違う点としては、例えばですが、金融商品を提供する金融機関が違うとか、あるいは限度額が違うとか、そのような違いしかないのです。では、キャッシングを提供している金融機関としては、どのようなものが挙げられるでしょうか。

 

まず、消費者金融が挙げられます。消費者金融は、銀行系ローンと似ていますが、銀行の傘下ではないことが特徴として挙げられます。

 

また、限度額は50万円ぐらいで設定されていることが多いので、申し込み希望者が求めている金額も、これぐらいのラインで収まることが多いのです。消費者金融の利用者の職業としては、正社員のみならず、アルバイトや契約社員やパートの方も多いのが特徴です。

 

比較的色々な職業の方に門戸を開いているので、資金があまりない方にも、有難い存在です。消費者金融以外では、クレジットカードが挙げられます。クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠とありますが、このキャッシング枠を使えば、現金を一時的に利用することが可能になるのです。

 

クレジットカードの場合、限度額が大きくても30万円ぐらいですが、これぐらいの金額で足りるという方であれば、非常におすすめです。キャッシングは、低額の融資の希望者が求めていることが多いのです。